耐久性と切れ味を両立した中切削用ネガティブインサートSMP25

商品お試しキャンペーン実施中!

耐久性と切れ味を両立した中切削用ネガティブインサートSMP25

切削加工において求められる仕上がりや加工精度を実現するには、加工技術に加えて工具の選定(ツーリング)が重要です。行いたい加工や求める加工精度、使用する工作機械に適した工具を選び、確実で高品質な加工を行いましょう。

ここでは、外径加工に適したネガティブインサート「ISO旋削インサート 80° 菱形/ネガティブ SMP25」をご紹介します。外径加工におけるツーリングでお悩みの方は、ぜひご参考にしてください。

ステンレス鋼 低~中速連続切削加工用材質 SMP25の概要

「ISO旋削インサート 80° 菱形/ネガティブ SMP25」は、低速から中速の連続切削と、弱断続加工に適したネガティブインサート(両面チップ)です。SMP25の形状は80°のひし形で、ノーズRは0.4と0.8の2種類から選択できます。

SMP25の仕上げ区分は中切削となっていて、切削条件はISO-M(フェライト系・マルテンサイト系ステンレス、オーステナイト系ステンレス)およびISO-S(難削材、チタン)の一般切削に対応しています。

PVD-TiAlNコーティングを採用

SMP25では、摩耗と熱に強い特性を持つ「PVD-TiAlNコーティング(窒化チタンアルミコーティング)」を採用しています。TiAlNとは「チタニウムアルミニウムナイトライド」の略称です。耐摩耗性に優れたTiN(チタニウム)にAl(アルミニウム)を添加し、高熱による負荷にも強い特性を加味した硬質複合薄膜を指します。

TiAlNの主な用途としては切削工具をはじめ、耐熱性や耐摩耗性が必要とされる機械部品などが挙げられます。

TiAlNはTiNやTiCNを上回るHV3000ほどの高い硬度を実現しながら、優れた耐摩耗性や耐食性を備えた耐久性の高いコーティングです。加工効率と工具寿命の向上が期待できます。

また、800℃超の高温でも作業が可能な耐熱性と高温下での耐酸化性を有しており、クーラント剤の使用量を削減したドライ切削や高負荷環境などでの使用に適しています。 切りくずなどが付着しにくい性能を表す「耐凝着性」も高く、作業中に切りくずや切り粉が付きにくいため作業性を高められる点も特長です。

SMP25は続けて使用してもすくい面・逃げ面ともに摩耗量を少なく抑えることができ、継続使用に強いネガティブインサートです。使用実例については以下からご確認いただけますので、ご覧ください。

⇒CNMG120404-MM SMP25の使用実例はこちら

2段階のすくい角度で強度と切れ味を両立

チップのすくい角(刃先の角度)は、+(プラス)に大きくなると切れ味は向上しますが、その反面刃先強度の低下を招きます。一方で、すくい角がー(マイナス)に大きくなると、硬い被削材の加工は容易になりますが、切削抵抗は増大してしまいます。

SMP25は80°のひし形ネガティブインサートで、すくい角(ブレーカ)が2段階ある形状を採用しました。ブレーカが2段階ある形状のチップは、主に刃先の強度を高く保ちながら大きい溝底Rを付けたい場合に選定されるものです。

チップのすくい角が小さくなると大きい溝底Rを付けられなくなり、切りくずが細かく切断されてしまいます。チップの選定にともなって抱えがちなこの悩みに対応すべく、SMP25ではすくい角度を2段階化することで、切れ刃の強度を保ちながら大きい溝底Rを付けることを可能としました。

SMP25は、切りくずが細かく切断されてしまうことを防ぎながら、切れ味の良さも確保できる形状を実現しています。

SMP25は耐久性や耐摩耗性に優れたネガティブインサート

「ISO旋削インサート 80° 菱形/ネガティブ SMP25」は、耐熱性や耐摩耗性に優れています。工具寿命の長期化が期待できるだけでなく、高い刃先強度を保ちながら切れ味の良さも確保した、総合性能とコストパフォーマンスの高いネガティブインサートです。

ドライ切削や高負荷環境での使用にも適していながら、工具寿命の長期化や生産効率の向上も期待できる点が、SMP25の大きな魅力です。

SMP25購入はこちら

ステンレスや難削材の仕上げ加工用チップの選定には、刃先強度と切れ味の両立が可能かどうかを重視して、用途に適した製品を選ぶことが重要です。高効率な作業が可能で、かつ切れ味を保ちながら長く使用できるチップをお探しの場合は、「ISO旋削インサート 80° 菱形/ネガティブ SMP25」を検討してみてはいかがでしょうか。

切削条件などの詳細の確認やご注文の際は、以下のページもご参照ください。動画で仕上げ加工時の使用状況や、切りくずの状態などを実際に見ることができます。

⇒ステンレス鋼中切削用ネガティブインサートはこちら