旋盤バイトとはどんな工具? 構造や種類、使い方の基本

商品お試しキャンペーン実施中!

旋盤バイトとはどんな工具? 構造や種類、使い方の基本

旋盤で加工を行う際に、被削材を切削するために必要なのが「バイト」です。バイトは旋盤加工においてなくてはならない工具のひとつで、バイトの選び方や使い方によって、作業効率や仕上がりは大きく左右されます。 ここでは、バイトの種類や使い方、チップ交換式のバイトに不可欠なバイトホルダ、バイトの各部の構造などをご紹介します。

バイトとは

旋盤で使用するための切削工具をバイトと呼びます。旋盤で被削材を回転させ、バイトを被削材に押し当てることで切削を行い、材料を目的の形状になるよう削り出しをするために使用される工具です。 バイトという言葉はオランダ語で工具の「ノミ(鑿)」を意味する「バイテル」から派生した和製語だと言われています。名称の語源はほかにも諸説あり、正しい語源については定かではありませんが、「バイト」は日本だけに限られた呼び方で、英語では「カッティングツール」と呼ばれています。

バイトの構造と各部の名称

バイトの構造は、機械に固定するための柄「シャンク」と材料を削り取るための刃部「チップ」に分けられ、チップ交換式のスローアウェイバイトの場合は、シャンクとチップを取り付ける座の部分を合わせて「ボディー」と呼びます。 チップには「すくい面」「逃げ面」「切れ刃」と呼ばれる各部分があります。すくい面は、被削材を削り取った際に切りくずを送り出す面です。すくい面と垂直方向にあるのが逃げ面で、被削材に対し、切れ刃の部分のみが当たるように角度を持たせる役割を持っています。すくい面と逃げ面が交わる稜線の部分が切れ刃です。すくい面と逃げ面のそれぞれの角度は「すくい角」「逃げ角」と呼ばれます。 すくい面の角の部分である「コーナ」または「ノーズ」には一定の丸みが付けられていて、その半径が「コーナR」または「ノーズR」です。コーナR(ノーズR)は、刃先の剛性や切れ味に関係しています。 また場合によっては、「チップブレーカ」と呼ばれる切りくずを細かく分断する機構を備えた部分が付いていることもあります。

バイトの種類

旋盤で使うバイトは、形状や構造によっても分類できます。 バイトを形状で分類する場合は、それぞれの見た目によって分けられ、先の尖った「剣バイト」や片側だけに刃のある「片刃バイト」などがあります。 構造で分類する場合は、シャンクから刃先までが一体化している「ムクバイト」や、刃先を交換できる「スローアウェイバイト」などに分けられますが、研磨の必要がなく使いやすいスローアウェイバイトが現在は主流です。 スローアウェイバイトはチップの交換が可能なので、作業効率や経済面でメリットがあります。 バイトの種類については、こちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

⇒旋盤バイトは何種類ある? スローアウェイチップの種類と併せてご紹介

バイトホルダとは

スローアウェイバイトで、チップを固定して保持するための工具として用いられるのが「バイトホルダ」です。 バイトホルダは、外径加工用と内径加工用で求められる機能が異なります。また、剛性や切り込み角によっても行える加工が変わります。 チップの固定方式にもいくつか種類があり、それぞれ適している加工の種類があるため、行いたい加工に適したものをその都度選定しなければなりません。 バイトホルダの種類や選定方法については、こちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひご参照ください。

⇒旋盤バイトホルダは使い分けが重要! 選び方のポイントとは

バイトの使い方

バイトは、加工に合ったものを適切に使うことで作業性を高め、工具寿命も長くすることができます。旋盤による切削加工ではバイトに大きな負荷がかかり、バイトがすぐに破損してしまう可能性もあるため、適切な種類の選定と用法を守って使用することが大切です。 旋盤での加工には外径、端面加工・内径加工・突切り加工・溝入れ加工・ねじ切り加工などの種類があり、それぞれに適したバイトを選定する必要があります。また、それぞれの加工においても使い方に関していくつかの注意点があります。 旋盤加工におけるバイトの使い方については、こちらの記事で詳しくご紹介していますのでぜひご覧ください。

⇒旋盤バイトで行える加工と使い方とは? チップの選び方も解説

バイトは工作物に合わせて選定しよう

加工方法に合った適切なバイトの選定と切削条件の設定を行うことで、作業の精度と効率化、そしてコスト削減といったバランスの取れた作業が可能になります。 バイトは加工方法のほか、工作物の性質なども考慮したうえで、適切なものを選ぶことが重要です。効率的で安全かつ確実な旋盤作業を行うためにも、バイトの使い方や選び方をあらかじめ知って作業に生かしましょう。今回ご紹介した内容をぜひご参考にして、実際の加工作業にもお役立てください。