ドリルの先端角やねじれ角とは? さくさくおすすめのドリルもご紹介

ドリルの先端角やねじれ角とは? さくさくおすすめのドリルもご紹介

先端の角度や溝と溝の距離など、ドリルはさまざまな要素によって、加工の特性が変わります。この記事では、ドリルの先端角やねじれ角の概要をはじめ、ドリルの構成要素や、さくさくで販売しているおすすめのドリルについてご紹介します。

ドリルの先端角とは?

名前の通り、ドリルの先端の角度が先端角です。先端角は118度のものが最も一般的ですが、90度や140度など、用途に応じてさまざまな角度のドリルがあります。

先端角は、切削抵抗と切り込み量に影響する要素です。先端角が大きいと切り屑が短くなる傾向にあり、切り屑排出性が高くなります。逆に、先端角が小さいと切り屑が薄くつながりやすくなり、ドリルに巻き付きやすいです。

一般的には、先端角が大きいほど加工能率や工具寿命が向上し、穴出口のバリも小さくなるといったメリットがあります。ただし、いかなる時も先端角が大きければ良いというわけではありません。被削材やドリルの素材によって最適な先端角が異なるため、使い分けることが重要です。

ドリルのねじれ角とは

ねじれ角は、ドリルの軸を0度としたとき、切れ刃がどれくらい傾いているかを示す角度です。ドリルの外周部ではねじれ角とすくい角が等しくなります。
約30度のねじれ角が一般的で、30度より角度が小さいものは「弱ねじれ」、大きいものは「強ねじれ」と呼ばれます。

ねじれ角が小さいと、切り屑排出性が良くなる一方で切削抵抗が大きくなります。逆にねじれ角が大きい場合、切削抵抗は低下しますが、切れ刃が鋭利になりチッピングや欠損の可能性が高くなります。

ねじれ角や先端角以外のドリルの構成要素

ドリルは、ねじれ角や先端角以外にもさまざまな要素で構成されています。ドリルの構成要素としては、以下が挙げられます。

・すくい角

すくい角は、ドリルの軸方向に対する切れ刃の傾きです。ドリル外周部では、ねじれ角と同じになります。

・逃げ角

切削工具には、被削材と刃物が当たらないようにする「逃げ面」というものがあります。逃げ角は、被削材と逃げ面が作る角度のことです。被削材とドリルの摩擦を避け、送り運動に支障をきたさないように設けられています。7度~15度ほど設けられているのが一般的です。
逃げ角を大きくすると切削抵抗は小さくなりますが、切れ刃が鋭利になりチッピングや欠損が生じやすくなります。

・リード

リードは、溝を伝ってドリルを一周したときの長さを表したものです。ねじれ角が大きければリードは小さくなります。

・マージン

ドリル外周の溝に沿って一定幅で張り出した部分がマージンです。マージンによってドリル径が決定されます。ドリルでの加工時には外周のガイドになり、穴精度にも影響します。

さくさくのおすすめドリルをご紹介

ドリルは、加工内容などに応じて使い分ける必要があるため、非常に多くの種類が販売されています。その中から最適なドリルを見つけることが、効率的に加工を行うためには重要です。
どのようなドリルが、どのような加工に適しているのでしょうか。

ここでは、さくさくのおすすめドリルをご紹介していきます。

・超硬ドリル 3D/TiAlNコーティング/油穴なし/φ5[SMD0050S3D]

独自の工具形状により、良好な切り屑処理を実現した超硬ドリルです。安定した喰い付きにより、良好な穴あけ加工が行えます。
鋼PやステンレスM、鋳鉄Kなどの被削材に対応でき、刃径や溝長の異なる型番を揃えているので、幅広い用途に使用可能です。

⇒超硬ドリル 3D/TiAlNコーティング/油穴なし/φ5[SMD0050S3D]

・超硬ドリル 5D/TiAlNコーティング/油穴あり/φ5[SMD0050S5D OH]

内部給油方式により、ノンステップで高能率穴あけ加工が可能です。先端角は140度と大きめで、被削材は鋼PやステンレスM、鋳鉄K、難削材Sに対応しています。

⇒超硬ドリル 5D/TiAlNコーティング/油穴あり/φ5[SMD0050S5D OH]

・Gold-P ストレートシャンクドリル レギュラ/コバルトハイス/TiNコーティング/φ5[D2GP191050]

ステンレスをはじめ、チタンやインコネルといった難削材にも対応可能なTiNコーティングのストレートシャンクドリルです。先端角は135度、ねじれ角は33度となっています。

⇒Gold-P ストレートシャンクドリル レギュラ/コバルトハイス/TiNコーティング/φ5[D2GP191050]

・ストレートシャンクドリル ロング/コバルトハイス/φ3.3[D2104033]

ステンレスをはじめ、チタンやインコネルの様な難削材の深穴加工にも使用できます。溝長は56~134の間で用意していて、幅広い加工に対応可能です。

⇒ストレートシャンクドリル ロング/コバルトハイス/φ3.3[D2104033]

・テーパーシャンクドリル レギュラ/ハイス/HOMO処理/φ17.5[D1201175]

鋼、鋳鉄、グラファイトなど、汎用的に使用可能なモールステーパードリルです。ホモ処理により防錆、耐食性、耐久性に優れます。

⇒テーパーシャンクドリル レギュラ/ハイス/HOMO処理/φ17.5[D1201175]

材料ごとにドリルを使い分けよう

ドリルは、先端角やねじれ角、その他の要素によってさまざまな種類に分けられます。工具寿命を維持しながら効率的に加工を行うためには、構成要素を理解したうえで、被削材や切削条件などによってドリルを使い分けることが重要です。
豊富なラインナップをご用意しているさくさくのドリルを、ぜひ加工に活用してみてください。